YAKINIKU.nagoyaYAKINIKU.nagoya
名古屋のテールスープは辛い

まあyakiniku.nagoyaなのでまずはここから。
名古屋のテールスープは辛いことが多いです。
これは名古屋の中華料理店で出ていた”台湾ラーメン”をマネしてテールスープを辛くした・・・とは言われてますが、誰が最初に始めたのかよくわかってません。

なんとなくの記憶で〇年ごろじゃない?という証言はあるんですが、ネットが普及し始めた頃には小規模の焼肉店は店を畳んだり、当時の店主だった方が亡くなったりとかもあって謎のまま。

他の地域ではテール(しっぽ)の肉を煮込んだものは白くて辛くないものが主流ですが、少しづつ広まっているようです。

ちなみに元の韓国料理ではテグタンスープとかユッケジャンとかがありますが、どちらもテール肉を煮込んでいるわけではありません。
テグタンは大邱(テグ)市を由来としたものと、鱈(たら)を由来にしたものの二種類があり、大邱が由来のものは牛骨を煮込むものなので、しっぽの軟骨ごと煮込むテールスープはテグタンスープが一番近いかも・・・辛いテールスープは日本独自の味としてもいいかもしれませんね。

ご注意
これらの記事を書いてるのは特に権威がある人でも焼肉を研究している専門家でも何でもないです。

あまりちゃんと書かれているサイトがないな〜とちょっと作ってみただけです。



コピーライト表記 WebsiteContents by GW-PLAN